窓の結露対策に!アイオン超吸水スポンジ

こんにちは。
皆さんは結露をどのように対策していますか?

冬になるとウォーキングをしながら
どうしてもよそ様の窓に目が行ってしまうのですが、
ワタシが目にするお宅は二重窓なのでしょうか。
結露が全然見えず羨ましく感じています。

毎年冬の朝は、結露取りの分だけ
家事が増えるのが悩みの種です。

結露対策 アイオン超吸水スポンジ

結露対策に試したモノ・コト

冬になると室内の温度と外の気温の差で窓に結露が発生します。
放置すると結露がしたたり落ち、
床のワックスが効果を成さなくなり床が傷みます。
またカーテンや壁などにカビが発生し健康被害も心配になります。

一番は、カーテンの洗濯や壁紙のカビ取りに
時間をとられるのが一番イヤなんですけどね。(^^ゞ

以前、結露取り用のワイパーを使用していました。

しかし、窓の上の方は良いのですが、下の方は使いづらく感じる点、
結露を床に払い落としているだけのように感じた点、
そんな理由から使用を止めてしまいました。

テレビで食器洗い洗剤を20倍に薄めて
窓ふきをすると結露対策になると知りました。

朝の家事が少し楽になればと実践してみましたが、
塗った次の日の朝の結露はとても少なく、その効果を実感できました。

しかし、2日目にその効果を実感することはなく
結局毎日窓ふきしなければならないことが分かりました。

結露対策に選んだアイオン超吸水スポンジの寿命

最初に寿命を紹介するのもどうかと思うのですが…。
楽天市場の購入履歴を見てみると
2014年11月、2016年10月、2018年11月、
綺麗に2年に1度のペースで購入しています。

我が家の場合、11月頃から翌年の3月末くらいまでが
超吸水スポンジ使用期間です。

夏の間はまったく使用しません。
年間5ヶ月くらいの使用期間で
「アイオン超吸水スポンジ」の寿命は2年です。

では、どんな感じで寿命を迎えるのか書いてみたいと思います。

「アイオン超吸水スポンジ」には様々なサイズがありますが、
我が家ではブロック ロング 615-B、
細長く約650ml吸水できるタイプを使用しています。

5ヶ月くらい使用すると、
チリやホコリ、カビ?などがスポンジに入り込み汚くなります。
その時点で若干吸水力が落ちているように感じます。

そして、7ヶ月使用しないと水分が抜けカッチカチになります。
水に浸けて吸水できる状態にして使用を再開しますが、
徐々に3分の1辺りのところが裂け始めます。

一度完全に乾燥させてしまったことが原因かもしれません。
結露を取る→絞る→結露を取る→絞るの繰り返しで、
同じようなところに負担がかかるからとも考えられます。

毎回同じところが裂け、絞りづらくなるため
買い替えるを繰り返しています。
それが、2年サイクルということです。

アイオン超吸水スポンジの吸水力

もっとも気になる「アイオン超吸水スポンジ」吸水力は、
初めて購入した時に試しました。

上にある写真がその時の様子です。
洗面器に650mlのお水を入れ、
その中に「アイオン超吸水スポンジ」を浸します。
洗面器から全ての水が吸水されるまで
放置するという方法で試しました。

1時間ほど放置してみると、
洗面器の底に少し残る程度まで吸水しました。
もともと開封するとスポンジは湿っている状態ということもあり、
その分が洗面器に残ったのではとも考えられます。

スポンジサイズ約260×90×35mmで
650ml近くを吸水する力に驚きました。
子どもがコップ1杯のジュースをこぼしても
楽々吸い取れるということです。

結露が酷くてサッシの溝に溜まることがありますが、
スポンジを浸すと、
スポンジめがけて吸い寄せられるように
水が動くのが分かるくらいの吸水力です。

我が家ではこの「アイオン超吸水スポンジ」を使い、
こまめに結露を拭き取って対策をしています。
ワタシにはワイパーより使い勝手が良いと感じています。

種類は200ml・ワイド幅650ml・ロング650ml・1.3リットル、
そして、布状の拭き取りクロスもあります。
用途に応じて好きなサイズを選ぶと良いですが、
切って使うこともできるので大きい方が節約になります。

最近近所のドラッグストアでも売られているのを見かけました。
キッチンスポンジくらいのサイズでしたが、
吸水力を確認するために
お試しで買ってみるのも良いかもしれません。

頻繁に絞ることを考えると、
女性には幅の広いタイプより
細長いロングの方が絞りやすくてお勧めです。

アイオン超吸水スポンジ[楽天市場]

結露対策[楽天市場]

この記事へのコメント